お菓子を作ってないと手が寂しい、中学生男子のかーちゃんの日々あれこれ。

by heavenskitchen720

解散っ!

「解散っっ!!」

じいさんが吠える。

小4男(兄家)+小2男(兄家)+小1男(うち) 全部男が集合したら、

それはそれはえらい騒ぎで。

寝転んでしばらく耐えてたじいさん(我がおとん)が
耐えかねて 「孫ども、解散せよ」と。

3人でホームレス小学生や。

c0178336_13535930.jpg


3人寄ったらえっらい騒ぎになるけど
(妹家の4歳女子 2歳男子など来た日にゃ、さらにえらいこっちゃけど)
ボンと私だけが帰っていれば、それはそれは穏やかな日々で
暑けりゃ川で泳いでるか、魚を獲っているか、クーラーきかせて甲子園を見てるか。

川遊びとおんなじくらいふたりとも火を焚くのが大好きなので、
耐火レンガを調達してピザ窯をつくってみたり。
いろいろなものを焼いて、燃やして燃やして燃やしまくる夏休みであった。

にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子レシピへ

温度計がおんなじ温度を示してたとしても、
子を送り出し、自分も仕事に出ねばならない都会生活と
暑けりゃ逃げ場のある田舎の夏休みとは雲泥の差で、
さっき外の用で出たら、クラクラした。

盆前よりさらにすごい気がするぞ。

きびしー!!

ボンはイルカをさわる体験も出来たし、海でも泳いだし(海は暑すぎるから1回だけ)
釣りも魚とりも泳ぐのも、火焚きも存分にやったし、友達と腹抱えて笑いながらごはん食べたし
最高の夏休みであった。

けど、10月半ばくらいまで都会に戻って来たくはないな。
[PR]
by heavenskitchen720 | 2010-08-23 14:13 | Comments(0)