お菓子を作ってないと手が寂しい、中学生男子のかーちゃんの日々あれこれ。

by heavenskitchen720

普通のアップルパイ。

さて、いろんなお菓子をどんどんじゃんじゃん作りたい私であるが、

実は、我が家では確実に消費が見込まれるのは、

ぷるるん系デザート、フルーツポンチ、軽い和菓子等々、「軽いもの」である。

でも、焼きたいので、焼き菓子は職場においておく(けっこう消費される)

そんな中、ボン(中3一人息子)より珍しく

『普通のアップルパイ』が食べたい

とのオーダーあり。

よーし!!母さん頑張る💛

(これは、裏を返せば、「タルトにすんなよ。」ということである)
(「いらんことすんなよ。」ということである)


c0178336_10240418.jpg


小布施から仕入れておいたブラムリー(青りんご)

生地は、フユタージュ・ラピッド。

たいがいのパイ、タルト生地は、本の通りの水分を入れたら地獄を見るので(私の場合)

水分を減らしてとりかかり。

c0178336_10241683.jpg


ブラムリーは、酸味がばっちりきいていて、レモンで調整する必要がないので味の面では◎。

でも、火を入れるとすぐにグズグズになるのが玉にキズ。

c0178336_10242788.jpg


なので、食感のために、生の固いりんご(秋映)を厚めに切って入れてみた。

これもまた、いい仕事をしてくれた。


にほんブログ村


①焼きたてを、美味しいと言って食べていた。

②焼き直して、朝ごはんのトーストの横にドンっと添えてみたら

「朝のアップルパイは・・・・ごにょごにょ 食べるのに時間がかかって・・・ごにょごにょ」

あかんのかい。



[PR]
by heavenskitchen720 | 2018-10-03 13:23 | パイ・タルト | Comments(0)